ArcがGRESB参加者企業をサポート - 2022 2月

Author: 
クリス・パイク
Published on: 
Wednesday, March 2, 2022

GRESBは、不動産会社やファンドの環境・社会・ガバナンス(ESG)パフォーマンスのグローバルベンチマークです。多くのパートナーがGRESB参加者のデータ整理と提出をサポートしています。Arcは、GRESBのプロセスの裏側で、ポートフォリオ・マネジャーが資産データをより有効に活用し、より高いGRESBスコアを達成できるようサポートしています。

ハイライト

・GRESB 参加企業は、手動データ入力、スプレッドシートアップロード、または ENERGY STAR、Measurabl、Bractlet、Energy Watch、Wattics、QLEAR、Schneider Electric、および他のパートナーとの連携など、資産データの入力、リンク、または同期のための複数の選択肢があります。

・Arcは、既存建物の運用認証、エネルギー評価、廃棄物管理、従業員エンゲージメント、テナント満足度、リスク評価など、GRESBスコアを向上させる機会を提供します。

・Arcツールは、LEED v4.1 O+M または再認証への合理的でデータ駆動型の道筋を提供します。

はじめに

Arcは、GRESB 参加者が GRESBアセットデータをアップロードまたはリンクするためのいくつかの手法を提供します。

1.ArcでGRESB Asset Spreadsheet をアップロードできます。Arcユーザーは、ポートフォリオセクションでこのツールを見つけることができます。すべてのArcユーザーが利用可能です。GRESBアセットスプレッドシートをアップロードすると、GRESBの構造がArcに変換され、エネルギー、水、廃棄物の推定Arcパフォーマンス・スコアが算出されます。これらには、変換時に行われた仮定の数(稼働率、スケジュールなどの推定)が表示されます。Arcユーザーは、データを追加したりパラメータを編集して完全な Arc パフォーマンス・スコアを生成したり、Arc Essentialsユーザーの場合はプロジェクトやポートフォリオのレポートの一部として LEEDへの準拠性評価を作成することができます。

2. Arcユーザーは、パートナーを介してプロジェクトを結びつけることができます。Arcは、arbnco、ENERGY STAR Portfolio Manager、Energy Watch、Meaurabl、Schneider Electric、Bracelet、Wattics、QLEAR、Idun、FGB Studioなど、GRESB提出用のアセットデータを収集・管理するパートナーのシステムとデータ接続を行っており、その数は増え続けています。これらのパートナーのいずれかが管理するデータをArcと結びつけることができます。各接続の有効化方法の詳細は、Arcにサインイン後、Appsのセクションで確認できます。

3. Arcユーザーは、スプレッドシート経由で複数のプロジェクトをアップロードすることができます。Arcは、複数のプロジェクトをロードするために、Microsoft Excelのカスタムワークブックを用意しています。このスプレッドシートは、任意の数のプロジェクトを整理してロードするために使用することができます。また、Arcの必須フィールドを一括して入力できるため、GRESBのスプレッドシートに比べて優位性があります。このワークブックは、contact@arcjapan.jp からリクエストに応じて入手できます。Arcチームは、ワークブックの使用方法についてユーザーに助言を行い、Arcがデータをロードします。大規模または複雑なポートフォリオに対応するため、Arc はセットアップ料金を請求することがあります。

GRESBスコアの向上

プロジェクトのリンクやロードは、サステナビリティのパフォーマンスを理解し、ひいてはより高いGRESBスコアを獲得するための出発点となります。2022年に新しい Arcのツールと機能により、GRESBの成果を向上させる機会が拡大しました。これには、比較的短期間で実現可能な機会(リスク評価、エネルギー評価など)が含まれます。

1. 建物の認証 Arcは既存の建物や空間におけるLEED認証取得の基盤となっています。LEED 認証は、運用建物認証のGRESB ポイントを獲得できます(BC 1.2)。既存のLEED Building Design & Construction認証(BD&C)を有するポートフォリオ・ マネージャーは、パフォーマンスベースのLEED 再認証を利用して、運用建物認証を取得することで、そのスコアを向上できることに留意することは重要です。この合理化されたプロセスは、パフォーマンス・データ及び過去の認証に依拠しています。

アドバイス:
パフォーマンスベースの再認証では、以前の設計/建設用の建築物証明書に運用用建築物証明書を追加することで、GRESBポイントを迅速かつ合理的に獲得することができます。



2. エネルギー格付け。Arcではパフォーマンス証明書を作成することができます。エネルギー格付けは、GRESB指標BC2の認定を受けることができます。パフォーマンス証明書は、特定期間のArcパフォーマンス・スコアと主要なパフォーマンス指標を提供します。パフォーマンス証明書は、サブスクリプションまたはポートフォリオ・ユーザー向けの割引バンドルで入手できます。

アドバイス:
Arcのエネルギー評価は、あらゆる空間や建物に対してオンデマンドで生成することができます。Arcはアセットに12ヶ月分の月次エネルギーデータを持つことを推奨しています。



3. ヒューマンエクスペリエンス 調査は、「ヒューマンエクスペリエンス」のパフォーマンスカテゴリーに不可欠な要素です。Arcの調査でSE2.1、TC1.0、TC2.1など、従業員やテナントの関与に関するGRESBポイントを獲得することができます。これらのアンケートは、すべてのArcユーザーが利用できます。必要に応じて、「Meters & Surveys」メニューの上部にある「gear」からレポートを作成し、アンケートの回答をエクスポートして資料として提出することもできます。

アドバイス:Arc Human Experience の情報は、GRESB Portal に「独立した第三者機関」として、「総合満足度」の指標で入力する必要があります。回答率は計算され、Arcダッシュボードに表示されます。



4. 廃棄物管理。 Arcは、廃棄物管理に関するGRESB要件を満たしています(RA5)。LEEDガイドラインに基づいてArcの廃棄物を追跡するアセットは、継続的な廃棄物パフォーマンスの監視、リサイクル、および廃棄物の流れの監査に対してGRESBポイントを獲得することができます。

アドバイス:廃棄物監査は、GRESBとLEEDの両方に貢献することができます。廃棄物の流れを理解し、管理するための有用なツールです。Arc Waste Performance ScoreLEED v2009廃棄物監査クレジットの詳細については、こちらをご覧ください。



5. リスク評価 Arc気候リスクツールは、GRESB参加者が「常備投資ポートフォリオのリスク評価」の基準(RA1)のポイントを獲得するのに役立ちます。このGRESBの指標には、広範なオプションのリストが含まれています。Arcはこれらを2つの方法でサポートします。
・すべての Arcユーザーは、エネルギー効率、エネルギー供給、および 温室効果ガス排出基準への肯定的な対応をサポートする、ソースエネルギーと 温室効果ガス排出のエネルギースコアを計算することができます。
・Arc Climate Risk は、洪水と自然災害の要件をサポートします。

他のGRESB基準と同様に、これらの評価はポートフォリオ全体に対する割合で採点されます。

アドバイス:Arc Climate Riskは、移行リスクと物理的リスクに対するポートフォリオのカバー範囲を迅速に拡大することができます。



2022年GRESB指標に対するArcサポートの概要

GRESB指標 Arcによる解決方法 備考
建物運用時の認証(BC.1.2) LEED O+M認証
LEED再認証
LEED ゼロ
書類不要、対象床面積の割合で報告
注:LEED の「設計・建設時の建物認証」を有する GRESB 参加者は、Arc を使用してパフォーマンスベースの再認証による「運用建物認証」を追求することにより、より多くのポイントを獲得することが可能。
運用建物認証(BC.1.2) ≧3パフォーマンス証明書 3つ以上のパフォーマンス認証を有する資産は、運用建物証明書の下で「部分」適用認定を受けることが可能。
対象者は、報告期間中のパフォーマンス証明書を作成し、事業体床面積の割合でGRESBに報告しなければならない。
エネルギー評価(BC 2) Arcパフォーマンス証明書 書類不要、カバーする床面積の割合で報告される
注:GRESBは、エネルギー格付けの対象範囲を、資産ポータルで使用される資産の定義と一致させることを推奨している。これは、Arcパフォーマンス証明書と資産が一対一の関係であることを意味する。
常備投資ポートフォリオのリスク評価 エネルギー源と温室効果ガス排出量のエネルギースコア

Moody’sのESGソリューション物理的リスク評価(グローバル)による気候リスクまたはリスク・フットプリント(米国内のみ)
RA1 リスク評価は、ポートフォリオの床面積のカバー率に基づきスコア化される。

エネルギー源と温室効果ガス排出量のスコアは、エネルギー効率、エネルギー供給、温室効果ガス排出量を扱います。

気候リスク評価指標は、洪水や自然災害を扱います。
廃棄物管理対策(RA 5) 廃棄物パフォーマンスの継続的なモニタリング

リサイクル

廃棄物量監査
これらのRA5基準は、Arcの廃棄物監査、追跡、報告を通じて満たすことができます。
従業員健康・ウェルビーイング調査(SE 2.1)
独立した第三者機関
・総合満足度

入居者満足度調査(TC 2.1)
第三者機関
・総合満足度
快適性→居住者満足度調査
および/または
リエントリー→入居者の声調査
SE 2.1およびTC 2.1の基準は、Arc による快適性調査を使って満たすことができます。このLEED承認の第三者調査は、回答率、居住者の満足度、および満足または不満の原因に関する情報の指標を提供する。
テナント・エンゲージメント・プログラム(TC1) Arcダッシュボード、レーストラックウィジェット、Eメールアップデート - すべてのArcユーザーが利用可能です。 TC1の基準は、Arcの「dynamic racetrack」を使って満たすことができ、これはウェブページやキオスクに表示することができます。レーストラックは、すべてのArcプロジェクトで利用可能です(管理→設定)。このサンプルプロジェクトは、その一例です。
テナント・エンゲージメント・プログラム(TC5.1)
・モニタリング
快適性→居住者満足度調査
および/または
リエントリー→入居者の声調査
TC5.1は、テナントの健康およびウェルビーイングに関するプログラムを評価する。Arcは「モニタリング」の回答の選択肢に貢献することができる。
テナント・エンゲージメント対策(TC5.2)

ニーズ評価
入居者アンケート

・モニター結果
・環境クオリティ
・熱的快適性および意見
快適性→居住者満足度調査
および/または
リエントリー→入居者の声調査
TC5.2の回答の選択肢は、ニーズを把握し、プログラムの成果を評価するために、入居者にArcの居住者満足度アンケートを実施することで対応できる。
ポートフォリオ改善目標(T1.1) Arcアドバンスドスコアリング-Arc エッセンシャルズにて有効 T1.1は、ポートフォリオ(またはその構成資産)が、Arc Advanced Scoring(CREEM、LL97、BERDO など)にサポートされている建物性能基準を通じて運用目標を選択し、追跡する場合に満たすことが可能である。

エビデンスに基づくGRESB指標の詳細については、「2022年版不動産リファレンスガイド」をご覧ください。

その他の情報
GRESBへの対処は複雑ですが、Arc チームはユーザーが具体的な基準を理解し、既存のツールを活用できるようサポートします。エネルギー評価や気候変動リスクのボリュームディスカウントを含む詳細については、Arcチームにお問い合わせください。